一流のものに触れて、ゴールも一流に

未分類

自動車が趣味の一つですが、先日憧れの1台に乗ってきました。
車名はここでは控えますが、世界のVIPから絶大な信頼を得ている車です。

PCの画面では何度も見てきましたし、都心ではそれなりに見かけますが、実際にドアを開け運転席に座ると、その威厳とハンドルを介して伝わってくる、作り手のエフィカシーの高さに、一瞬で魅了されました。
そして、その車の後部座席で、毎日移動するイメージが強烈に浮かんできました。

世界のVIPから選ばれる車を作り続けるには、高いゴール設定とエフィカシーは必須でしょう。
企業である以上、商業的な面にも配慮した製品設計をしなければなりませんが、快適性、安全性などに妥協しない姿勢は、ゴールのバランスホイールという視点からもとても参考になりました。

買うかどうかは別としても一流のものに触れることは、私たちのゴールのイメージを現状風な抽象度から、一流へとステップアップさせてくれます。

ゴールがまだ見つからない、活動がちょっとマンネリ化してきたな、などと感じたら、世界に認められた一流に触れにいってみてください。

一人で行くのが怖いという方には、Midnight Salonがお連れします。
お気軽にお問い合わせください。